ホームふやす投資信託投資信託をはじめる前に

投資信託をはじめる前に

投資をはじめる前に確認しておきたいこと

1.資金準備の考え方

資金の必要性がお分かりいただけたならば、さっそく資金準備をスタート!
以下の順序で少しずつ進めていきましょう。

2.目的に合わせてお金を色分けしてみましょう

理想のライフプランを実現するために、どのような準備をスタートすれば良いのか、ご自身の資金計画はイメージできましたか?そのイメージをより具体的にするため、「いつまでにいくら」必要か考えてみましょう。どのような金融商品で資産運用すべきかが見えてきます。

押さえておきたい投資の基本

1.そもそもなぜ値動きがあるの?:価格変動の要因

投資信託には値動きがありますが、値動きのもととなる要因は大きく分けて以下の3つです。

2.「リスク」と「リターン」とは?

「リターン」とは、投資から得られる収益のことです。「リスク」とは一般的に「危険」という意味ですが、投資の世界では、「価格変動の大きさ(ブレ)」を意味します。リスクの大きさは「標準偏差」という数値で表され、数値が大きいほど価格変動が大きく、小さいほど価格変動が小さいことを示しています。

投資信託(資産運用)をする際の大切な考え方

資産を守りながら、少しずつ増やしましょう

下の図を見ると、リスク(ブレ)は小さく抑えて運用した方が、資産が増えやすいことがわかります。

資産価格変動の違いによる投資成果比較

ブレを抑える投資の方法について

1. 資産分散

値動きを抑えるために、値動きの異なるさまざまな資産に分散して投資をすることです。

分散投資の考え方を学びたい人はこちら

2. 時間分散

一度に全額を投資するのではなく、何回かに分けて投資をしたり、毎月一定額を積み立てるなどの方法で購入時期を分散させる方法です。

時間の分散方法を知りたい方はこちら

ブレを抑えるための工夫について

1. 守りと攻めの「コア・サテライト戦略」

「コア・サテライト戦略」とは?

ブレ幅を抑える運用方法として「コア・サテライト戦略」という考え方があります。「コア」とは中核、「サテライト」とは衛星を意味しますが、中長期的に安定した収益が期待できる商品をベース(コア)に据え、積極的運用に向いたリターン重視の商品(サテライト)を適宜組み合わせて、「安定と積極」、「守りと攻め」のバランスをとりながら運用する考え方です。

  • コア(守り・安定) サテライト(攻め・積極) 「コア」(核)になる投資信託 価格変動が相対的に小さい 分散投資を行っている など 「サテライト」(衛星)になる投資信託 価格変動が相対的に大きい 高い収益性、成長性が見込める など

投資対象資産のリスクとリターン

投資対象資産のリスクとリターンイメージ図

守りの資産「コア」と攻めの資産「サテライト」を決めるにあたり、
投資対象資産のリスクとリターンの大きさのイメージを理解しましょう。

コア・サテライトの考え方

「守り」の資産と「攻め」の資産

「守り」の資産と「攻め」の資産イメージ図

コア・サテライト戦略では、一般的に値動き(リスク)の比較的小さい資産を「守り」として「コア」に使い、値動き(リスク)が相対的に大きい資産を「攻め」として「サテライト」で保有することになります。

2. 各資産の特徴と値動きの傾向

ブレを抑えるためには、各資産のリスクとリターンに着目し、安定したコアを作ることが大切になります。また、各資産には景気局面ごとに値動きの方向が異なるなどの特徴があり、ブレを抑えるためには、値動きの異なる資産を組み合わせることも大切になりますので、各資産の特徴と景気局面ごとの値動きの違いも理解しておきましょう。

  • 国内債券は安定的な利子収入、安定的な値動き。景気が良くなると価格は下がる傾向。景気が悪くなると価格は上がる傾向。海外債券(為替ヘッジあり)は安定的な利子収入、安定的な値動き。景気が良くなると価格は下がる傾向。景気が悪くなると価格は上がる傾向。海外債券は相対的に高い利子収入、投資対象国の通貨の値上がり益(円安)。景気が良くなると価格は上がる傾向。景気が悪くなると価格は下がる傾向。株式は配当収益、株価の値上がり益。景気が良くなると価格は上がる傾向。景気が悪くなると価格は下がる傾向。REIT(不動産)は相対的に高い分配金利回り、REIT価格の値上がり益。景気が良くなると価格は上がる傾向。景気が悪くなると価格は下がる傾向。
  • あくまで一般論であり、実際には異なる場合があります。

3. よりブレを抑えるための工夫

機動的に資産配分を変更する

最適な資産配分は、リスク許容度や投資の目的など人によって異なりますが、下のイメージ図のように、景気の波に合わせた資産配分にすることで効率の良い運用成果が期待できます。このような機動的に資産配分を変更する投資戦略を用いた投資信託もあります。

  • 景気減退期は金利低下、債券価格上昇、株価低迷、資産配分は守りの資産を多めに。景気回復期は金利上昇、債券価格下落、株価上昇、資産配分は攻めの資産を多めに。

為替変動リスクを低減する「為替ヘッジ」

為替ヘッジとは、あらかじめ将来の為替レートを予約し、為替変動リスクを低減するための手法です。為替が円高になると為替差損が発生しますが、為替ヘッジを行うことで、そのリスクを低減することができます。

  • 為替ヘッジありは円安になると為替差益の獲得が期待できない。円高になると為替差損を低減する。為替部分ヘッジは円安になると為替差益の獲得が部分的に期待できる。円高になると為替差損を部分的に低減する。為替ヘッジなしは円安になると為替差益の獲得が期待できる。円高になると為替差損を被る。
    • 上記はイメージであり、実際には異なる場合があります。 また、すべての影響を説明しているわけではありません。
    • 為替ヘッジありは、為替変動リスクを完全に排除できるものではありません。

資産運用の基本は、投資資産の価格変動のブレを抑えて、
安定した成長を目指すことです。

お問い合わせ・ご相談

電話でご相談

〈やまぎん〉投信相談ダイヤル フリーダイアル0120-506コール-104トウシン
受付時間 9:00~17:00 (土日祝日・12月31日~1月3日を除きます。)

お店でご相談

お近くの資産運用ご相談窓口へ

セミナーに参加

取り扱い商品の現状や投資環境などを
わかりやすくご説明するセミナーです

インターネットでお取り引き

お申し込み手数料がおトク
PCやスマホでらくらくお取り引き