ホーム山形銀行について頭取メッセージ

頭取メッセージ

山形銀行の目指す姿

長谷川吉茂

平素より山形銀行をお引きたていただきまして、誠にありがとうございます。

さて、当中間期における国内経済は、円高の進行や中国をはじめとした新興国経済の減速の影響などから、輸出が伸び悩むなど一部に回復の鈍さがみられたものの、総じてみれば緩やかな回復基調を維持した動きとなりました。県内経済につきましても、一部にやや足踏み感もみられましたが、国内経済と同様に緩やかな持ち直しの動きとなりました。

一方、地域金融機関においては、日本銀行による「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」政策の導入などもあり経営環境が一段と厳しさを増すなか、有力地銀同士の経営統合が加速し、将来を見据えた戦略的な再編の動きが進展するなど、競争はさらに激化することが予想されます。

こうしたなか、当行では第18次長期経営計画(平成27年度~平成29年度)も2年目を迎え、当中間期はその折り返しにあたります。引き続き、「収益構造の改革」や「労働生産性の向上」などの構造課題解決に取り組み、質の高い金融サービスの提供に努めてまいります。また、コーポレートガバナンス・コードなどの社会的要請への対応や、「金融仲介機能のベンチマーク」導入に代表される新たな金融行政への対応などを通じて、経営管理体制の強化を図るとともに、銀行経営の透明性をさらに高めてまいります。

本年4月、当行はみなさまからの永年にわたるご支援のもと、創立120周年を迎えることができました。あらためて感謝申しあげますとともに、「山形の発展に『責任』を持つ銀行」として地方創生を主体的にリードし、地域における絶対的な存在価値を高めてまいりたいと考えております。

みなさま方には、引き続き温かいご支援と変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申しあげます。

平成28年12月