ホームふやす投資信託"資産づくり"はじめてみませんか?

"資産づくり"はじめてみませんか?

資産づくりの目的

結婚、マイホームの購入、お子さまの誕生や入進学など、人生には年代ごとにさまざまなイベントがあり、それに伴ってたくさんのお金が必要になってきます。
また、少子高齢化や物価の上昇など、将来の生活不安が高まってきている中で、これらの不安を解消するためにも、“資産づくり”が必要になってきます。

“資産づくり”は、人生の目標や夢実現などのために大切な手段のひとつです。将来にそなえ、“資産づくり”について考えてみませんか?

生活を守る

少子高齢化と社会保障

少子高齢化の進行により、年金・医療等の社会保障分野において現役世代の負担増が予測されています。ゆとりあるセカンドライフのためには早めの資産づくりで老後にそなえる必要があります。

上昇する物価

インフレーション(持続的な物価上昇)が起こると、お金の実質的価値は低下します。対処法としてはそれに見合うだけの金利を得るというものがありますが、日本では長く低金利が続いています。将来の生活を守るため、資産づくりは重要といえます。

目的2:ライフプランを実現する

人生の3大資金にそなえましょう

人生の3大資金とは?

人生のさまざまなシーンで必要になってくる資金の中でも特に金額が大きく、
より早めの準備が必要な次の3つについては「人生の3大資金」と呼ばれています。

住宅資金
人生で一番高い買い物といわれる住宅にまつわる資金です。頭金の準備や、住宅ローン返済のシミュレーション等、慎重に資金計画を立てましょう。

教育資金
お子さまのいるご家庭において、必要となるのが教育資金です。入進学の必要金額を賄えるようにしっかりと準備していきましょう。

老後資金
充実したセカンドライフを過ごすためには、老後資金の準備が大切です。先々のことでもありイメージしづらい部分もありますが早めの準備をしていきましょう。

人生の3大資金にそなえる資金準備イメージ

大きい資金を準備するということは、当然その時間も長くかかると考えるのが一般的です。
3大資金の必要時期から逆算して、早めの準備に取りかかりましょう。

年金だけでは足りない?老後のお金に関する3つの疑問

1、年金はいくらもらえるの?


  • 注:一元化モデルは、社会保障と税の一体改革によるパートの適用拡大(25万人ベース)も反映した手取り年収を基に設定。
    (出所:国民年金及び厚生年金に係る財政の現況及び見通しー 平成26年財政検証結果 ー厚生労働省)

2、退職金はいくらもらえるの?

退職金の受取額は、一般的に減少傾向にあります。

退職金の平均相場

  2002年(平成14年) 2012年(平成24年)
「管理・事務・技術労働者」
総合職・大学卒
2,512万円 2,492万円

出典
「2002年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」の概要 / (一社)日本経済団体連合会
「2012年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」の概要 / (一社)日本経済団体連合会

  2002年(平成14年) 2012年(平成24年)
国家公務員 2,700万円 2,456万円

出典
平成14年度・24年度「退職手当の支給状況」 / 総務省

3、ゆとりあるセカンドライフにはいくらかかるの?

公的年金だけでみた老後の生活収支

セカンドライフを過ごす時間は思ったよりも長いです。
年金だけでは不足するかもしれない生活資金を早めに準備することが大切です。

お問い合わせ・ご相談

電話でご相談

〈やまぎん〉投信相談ダイヤル フリーダイアル0120-506コール-104トウシン
受付時間 9:00~17:00 (土日祝日・12月31日~1月3日を除きます。)

お店でご相談

お近くの資産運用ご相談窓口へ

セミナーに参加

取り扱い商品の現状や投資環境などを
わかりやすくご説明するセミナーです

インターネットでお取り引き

お申し込み手数料がおトク
PCやスマホでらくらくお取り引き