ホームふやす投資信託NISA(ニーサ)少額投資非課税制度NISA制度について

NISA(ニーサ)少額投資非課税制度

NISA制度について

「NISA」とは

  • 「NISA」とは投資による利益にかかる税金が非課税になる「少額投資非課税制度」です。
  • 「NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3つの制度があります。

投資信託での非課税イメージ

  • 投資信託での非課税イメージ。普通分配金が非課税。値上がり益が非課税。

(年間非課税投資上限額120万円の場合)

3つのNISA比較

NISA つみたてNISA ジュニアNISA
対象者 日本に住む20歳以上の方(※1) 日本に住む20歳以上の方(※1) 日本に住む0歳~19歳の方(※2)
対象商品 上場株式・投資信託等 長期投資・分散投資に適した一定の投資信託 上場株式・投資信託等
投資方法 通常購入
累積投資契約に基づく積立購入
累積投資契約に基づく積立購入 通常購入
累積投資契約に基づく積立購入
非課税投資上限額
(年額)
120万円 40万円 80万円
非課税期間 最長5年間
(投資した年を含めて5年後の12月末まで)
最長20年間
(投資した年を含めて20年後の12月末まで)
最長5年間
(投資した年を含めて5年後の12月末まで)
投資可能期間 2014年1月~2023年12月 2018年1月~2037年12月 2016年4月~2023年12月
払出制限 なし なし 18歳までは払出し制限あり(※3)
運用口座の管理 本人 本人 親権者(※4)
必要書類 マイナンバー マイナンバー マイナンバー・住民票(※5)
金融機関変更可否 不可
その他 年ごとに選択制(同一年の併用不可)
相互間の商品の移管不可
-
  • 口座を開設する年の1月1日時点で20歳以上である方
  • 口座を開設する年の1月1日時点で19歳以下である方
  • その年の3月31日において18歳である年の前年12月31日までの間
  • 当行では運用管理者を親権者に限定
  • 口座名義人と運用管理者=親権者の続柄がわかる住民票

世代別NISA活用法

20~40代資産を形成する世代

  • 長期投資で資産形成を始めよう。結婚、住宅購入など、将来に備え、使い道によってお金を色分けするなど、資産管理をする習慣づけをしましょう。またお子さまの誕生や教育、住宅ローンの返済など支出が多い世代ですが、目先の支出だけでなく、将来を見据え、収益性資産の運用を早めにはじめることが大切です。投資スタイル[つみたてNISA]『20~40代はつみたて投信から始めよう』NISAを長期投資のきっかけと考えてつみたて投信で資産運用を始めてみましょう 投資スタイル[ジュニアNISA]『お子さまの教育資金の準備』教育資金の準備と、投資教育をはじめましょう

50~60代セカンドライフの準備をする世代

  • セカンドライフを視野に入れた準備を。徐々にセカンドライフの準備を始めたい世代。今後のセカンドライフを視野に入れて、安定性資産と収益性資産のバランスを取りながら運用することが大切です。投資スタイル[NISA]『分配金再投資型ファンドで非課税メリットを享受』現役世代から退職世代への移行期。収入があるうちはNISAで積み立てを。退職時期が迫ってきたら非課税枠の上限120万円を活用して年金生活に備えます 投資スタイル[つみたてNISA]『セカンドライフに向けて積み立てを活用』つみたてNISAを活用してセカンドライフに向けた資産づくりをはじめましょう。

60代~資産を活用する世代

  • 使いながら、運用する。セカンドライフを迎えた世代は、現役時代に蓄えた資産を使いながらも、同時に、できるだけ減らさないように資産を運用することが大切です。投資スタイル[NISA]『分配型投信で定期的にお金が受け取れるプランづくり』年金生活に入っている人も多いこの世代はNISAで毎年120万円ずつ毎月分配型の投資信託を利用。非課税の分配金で定期的な収入を確保しましょう 投資スタイル[ジュニアNISA]『お孫さまへ資金の贈与』相続税対策として贈与を行い、その資金をもとに非課税投資をはじめましょう

(平成29年11月1日現在)

お問い合わせ・ご相談

電話でご相談

〈やまぎん〉投信相談ダイヤル フリーダイアル0120-506コール-104トウシン
受付時間〈平日〉9:00~17:00 (土日祝日・12月31日~1月3日を除きます。)

お店でご相談

お近くの資産運用ご相談窓口へ

セミナーに参加

取り扱い商品の現状や投資環境などを
わかりやすくご説明するセミナーです

インターネットでお取り引き

お申し込み手数料がおトク
PCやスマホでらくらくお取り引き