ホーム山形銀行について頭取メッセージ

頭取メッセージ

伝統的な銀行業務からの進化
金融・産業参画型ハイブリッドカンパニーへの挑戦

長谷川吉茂

平素より山形銀行をお引き立ていただきまして、誠にありがとうございます。

当行は、明治29年の創業以来、地域の成長発展とともに歩んでまいりました。これもひとえに、株主さまはじめ地域のみなさまからの長年にわたるご支援の賜物であると、心から感謝申しあげます。

さて、当行が営業基盤とする山形県は、人口減少、少子高齢化に伴う地域経済の縮小や中小企業における後継者難など、多くの課題を抱えております。また、長引く新型コロナウイルス感染症の影響により、県内経済は依然として厳しい状況にあります。

こうした状況を踏まえれば、地方創生や地域経済の活性化に果たすべき当行の役割は一層重要性が高まっているものと認識しております。コロナ禍によりお客さまや地域の課題が顕在化している現状において、企業のみなさまの資金繰り支援や経営改善支援、事業転換支援を最優先の課題と捉え、グループ一丸となって全力で取り組んでまいります。

当行では、本年4月より第20次長期経営計画「Transform」(2021年度~2023年度)をスタートさせました。当行の存在意義(パーパス)は、地域の発展に貢献していくことであります。山形の成長に責任を持つ企業として、持続可能な地域社会の実現を目指し、ESG(環境・社会・ガバナンス)、SDGs(持続可能な開発目標)への対応を強化しながら、これまで以上に地域価値創造に注力してまいります。

みなさま方には、引き続き温かいご支援と変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申しあげます。

2021年6月